スマートマットライト menu
koba

定期購入を超える魅力を実感 シェアオフィスを経営する小林様の使い方!

2021-07-12

スマートマットライトのユーザーの方々に、こだわりの使い方を聞いてみました。
今回は、シェアオフィスの運営に携わる小林様。現在はスマートマットライトをご家庭でのみ使用されていますが、今後はシェアオフィスにも導入を検討されています。
「オフィスではスマートマットライトをどう使うの?」「スマートマットクラウドとの違いを知りたい!」という方々に、ぜひおすすめしたい使い方です!

スマートマットライトA4 定期購入から減ったら買うに(ゼロクリック新体験)【TV・SNSで話題/Amazon DRS対応IoT/スマートホーム・オフィス/リモートワーク/スマホ完結】 ¥1,980〜詳しくはこちら スマートマットライトA4 定期購入から減ったら買うに(ゼロクリック新体験)【TV・SNSで話題/Amazon DRS対応IoT/スマートホーム・オフィス/リモートワーク/スマホ完結】

キッチンやリビングで食品を自動発注

小林様は現在、ご家庭で以下のような商品を管理しています。

  • 乳酸菌カルピス200ml・・・A5サイズのマットをキッチンの棚に設置
  • トマトジュース750ml・・・A4サイズのマットをリビングの端に設置
    小林様 1
    ↑ 実際にスマートマットライトを使用されている様子

「使う量がブレるから定期購入は使わない」と考えていた小林様は、消費にあわせて発注ができる点にスマートマットライトの魅力を感じているそうです。現在は食品を自動発注していますが、今後は洗剤や柔軟剤が追加されてほしいと思っているんだとか。
対象商品ラインナップはこちらのリンクから

棚と組み合わせて自宅の自動化に成功!

「注文忘れゼロ」というシンプルな長所にスマートマットライトの魅力を感じ、将来的にはオフィスでの利用を検討しているそうです。
現状のオフィスの在庫発注は手作業ですが、将来的にはスマートマットライトを使ってバイトの方に在庫を数えていただく想定なんだとか。
小林様のようにオフィスで利用されるお客様のニーズも満たせるように、スマートマットライトは今後も進化を続けます。
こちらの商品要望フォームからご要望をいただけると幸いです

続々と対象商品を追加中!

スマートマットライトでは、ユーザーのみなさまから追加のご要望を受け、定期的に商品追加を実施しております。例えば、アルコール類の取り扱いや既存の商品の別サイズの取り扱いについて既にご要望をいただいております。
スマートマットライトが目指す「ゼロクリックショッピング」の実現に向け、今後も日々取り組んで参ります。

スマートマットライトA4 定期購入から減ったら買うに(ゼロクリック新体験)【TV・SNSで話題/Amazon DRS対応IoT/スマートホーム・オフィス/リモートワーク/スマホ完結】 ¥1,980〜詳しくはこちら スマートマットライトA4 定期購入から減ったら買うに(ゼロクリック新体験)【TV・SNSで話題/Amazon DRS対応IoT/スマートホーム・オフィス/リモートワーク/スマホ完結】
利用シーン一覧へ arrow